スロット バックライト

スロット バックライト

 思わずギルヴァも笑みが零(こぼ)れる

「良かった……良かった……」 そんな感動の瞬間をこの男は、無粋に踏みにじる

「――あっははははっ!!」「ぐああっ!」 アリアを止めていた一同は振り返ると、そこにはやはり圧倒的な力でリリア達をねじ伏せるクルシアの姿があった

あなたも好きかも:スロット 履歴 アプリ
「や、野郎……」「強い」「う……こんな、人に……」「君達はまるでダメダメさんだねぇ

リリアちゃん達は期待できるけど、さすがに限界かい?」「はっ! ほざけ」「――リリィ!」 クルシアはアリアの様子を見ると、称賛よ拍手を送る

「おっ! 彼女、死ななかったんだね

あなたも好きかも:oculus rift オンラインゲーム
凄い凄ーい

これは友情? 愛情? どちらにしても面白かったよ」「何度も言わせるなっ! いい加減にしろ!」「何度でも言いなよ、ボクはやめない

それにね、今日は最高の日なのさ……」 そう口にすると両手で顔を包み、あまりにも酷い表情が顔に出るのだろう、悪意に満ち満ちた声と共に感激する

「奴隷達を弄(もてあそ)び、メルちゃん達を絶望に叩き伏せ、魔石の適合者はできた挙句、その副産物としてこんなドラマが見られた……ははははっ! 最高さ! これだから人生観察はやめられない!」「自分で誘導した人生でもか!?」 アリアは明らかに誘導された形で魔石を呑み込んだ

 最初に何も価値が無いと押し付け、考える時間を作り、ギルヴァを苦しめて背中を押した

 こいつは人生観察が好きだと言うが、そのほとんどがこいつ都合の人生だ

 残酷なものなのが、よりたちが悪い

 だがクルシアはやはり正論じみた答えを返す